絶対に喜ばれる結婚するお二人に、おしゃれな結婚祝いギフトを贈りましょう!

はじめての方必見!結婚祝いギフトを贈るときのマナーについて

結婚祝いギフトを選ぶときのポイントや人気の夫婦箸に続いて、結婚祝いギフトを贈るときのマナーについて簡単にご紹介します。
 
「結婚祝いギフトはいつ贈るべき?」
はじめて結婚祝いギフトを贈る方の多くは、選んだ品物をいつどのタイミングで渡したら良いかと悩まれるはずです。
結婚祝いギフトを贈るタイミングとしてよく言われるのが、「結婚式の1~2カ月前」、「遅くても1週間前」です。
結婚式に出席する、出席しないに限らず、大体このような時期を目安にギフトを準備しておくと安心です。
ギフトを贈る際に特に気をつけたいのが、結婚式当日にプレゼントを渡すということです。
結婚式当日やその前後は、新郎も新婦も慌ただしく動いていますし、プレゼントが荷物になってしまう場合もあるので出来れば避けたほうが良いでしょう。
また、結婚をすることを少し後になってから知ったという場合には、結婚式を終えてからギフトを準備しても大丈夫です。
そういった際は、結婚することを知ったときから出来るだけ間を空けずに贈るのがベストです。
 
「ギフトのラッピングに熨斗はいる?」
結婚祝いギフトを贈る際のマナーとして、熨斗をつけたほうが良いでしょう。
二人が喜ぶ顔を思い浮かべて選んだ品物をより丁寧に贈るためには熨斗紙をつけてラッピングをしたほうがより格式が高くなります。
熨斗紙には寿や御祝、祝結婚といった書き方で表書きをして、水引の部分に文字がかからないように書きます。
【茶屋長三郎彌助】では、ご購入いただいた贈り物のご用途に相応しい図柄を厳選して、丁寧にラッピングさせていただきます。
ラッピングには若狭小浜生まれの古き良きモダンなデザインが人気の若狭和紙を使います。
 
今回は、大切な友人や会社の同僚など、結婚をする二人の結婚をお祝いして贈る「結婚祝いギフト」についてご紹介しました。
二人の門出をお祝いする想いを伝えるためにも、ギフトを受け取る方の生活や実用性などを考えて、夫婦で一緒に使える縁起のいい夫婦箸など、
絶対に喜んでもらえる結婚祝いギフトを準備したいですね。